読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tarot communication

私流のタロット交流記録

占い師は常に客観的であるべき。

Consideration

主観的に占断していてはもう「占い」じゃないんじゃないかと・・・。

 

 

主観的に占断していたら、クライアントとの温暖さが生じるだろうし

主観の押しつけにもなり兼ねない。

 

 

だから、常に「客観的」な立場で占断していきたいと思っています。

 

 

だから、自分は「当たる占い師」なんて言わない。

 

それは占いを受けたクライアントが判断することで

占者が判断することじゃない。

 

 

「当たってる」といわれたら「そうでしょ?(^。^)y-.。o○」じゃなくて

「そう?当たってた?ありがとう^^」でいいんじゃないかなって

思います。

 

「当たってないです」って言われたら「そんなはずはない!」と憤るのではなく

「そうですか、残念です。」でいいんじゃないかなって

思います。

 

常に客観的に。