読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tarot communication

私流のタロット交流記録

世界~World~

ライダー版の「世界」は輪(月桂樹)の中に女性(両性具有とも)がいます。

 

その輪はパーソナルスペースなんじゃないかとふと思い立ったちました。

 

 

「世界」は「完成」したものという解釈がありますが

それは「成し遂げた」という達成感に近いものかなと。

 

一つの仕事の区切りがついたとき、世界のカードが当てはまるかと思います。

 

 

トートの「世界」(題名はuniverseとなってます。)の場合は

月桂樹ではなく「柵」のようなものの中にいて

塔のカードに出てくる目からの光線と釣り針のようなものから

身を守っているように見えます。

 

この「柵」もパーソナルスペースとすると

自分のスペースに侵害してくるものに対しての守りであって

自分の世界は自分が作ってる(当たり前なんだけど)ことなんだなと

改めて思うような気がします。

 

だから、自分の気持ち次第でそのスペースは広げられるし

狭めることもできるしけれど

その場所は「安心」できる場所でなければいけない。

 

そんな気もします。

 

 

トートの世界のカードの中心にいる人の表情は見えませんが

(それもまたリーディングの幅を広げる手法かも。)

ライダーの世界のカードの中心にいる人物はホッとしたような

安らいでいる表情を見せています。

 

まさか、左上にいる男性に恍惚しているんじゃないと思うけど。。

(いや、あり得る??)